効果のある食事

効果のある食事

スポンサード リンク

低体温症の時は、冷たいサラダよりは温野菜、ジュースよりはスープにするなど、暑い時こそ温かいものを摂るように心がけましょう。

またビタミンEは、血行を良くする働きがあり、血行が良くなると部分的な低体温症が改善されるので、ビタミンEを多く含む食事を摂るようにしましょう。

タンパク質も、エネルギーとなる栄養素で身体を温めるので、低体温症に効果があります。

鉄分は不足すると貧血になり、酸素が不足して抵抗力がなくなったり、体温のコントロールができなくなるので、鉄分を多く含む食事を積極的に摂るようにしましょう。

そのほか甘くて冷たいデザート系は、冷え症の大敵であり、糖分を摂り過ぎることで血行が悪くなり、冷えを招くので、低体温症が気になる時は甘いものを控えるようにしましょう。

なお冷えが気になる時は、東洋医学でいう陰性の食物を控えて陽性の食物を摂ると良く、柔らかいものより固いものがより陽性となります。

また冬には、寒い地方で収穫される野菜を積極的に摂ると良いでしょう。

低体温症 メニュー

リンク集

最終更新日:2011/01/27

   ▲ 画面上へ