低体温症の対策

低体温症の対策

スポンサード リンク

低体温症を防ぐには、身体を冷やさないようにすることが大切なので、いつもスカーフを携帯するようにし、寒ければ肩や足下にかけるようにしましょう。

また暖かい靴下を履くようにし、お風呂は湯船につかり、きつい下着は着ないこと等が有効です。

さらにストレスは、体温を調節する自律神経にも影響するので、運動不足とストレス解消を兼ねて適度な運動を心がけましょう。

そのうえ、朝の体温を上げるために朝食を摂るためにも、夕食はあまり遅くならないようにし、夜食の食べ過ぎには注意しましょう。

そのほか、糖分と乳脂肪が多いデザートや南国産フルーツ等は、身体を冷やすので食べる時は程々にしましょう。

なお、生姜・ネギ・ニンニク・唐辛子・ゴマ等の、体を温める食材を上手く料理に取り入れると、低体温症に効果的です。

低体温症 メニュー

リンク集

最終更新日:2011/01/27

   ▲ 画面上へ